読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由課題

学んだり、考えたり、試したりしたこと。

YosemiteのIntelliJ IDEA CE上でGradleプロジェクトを作成するまで

もろもろの環境が少し落ち着いたので、前から気になっていたReactive Streamsを 試してみようと思ったのだけれど、そもそも自分のMBPにはソフトウェアの開発環境が全く入っていないことに気がついた。

ということで、まずは開発環境の整備から、と思ったのだが、断片的にしか資料が見つからなかったので2015/08/30時点の 作業手順を備忘録としてメモしておく。

Javaのインストール

IntelliJ/Gradleの動作に必要。というかそもそもReactive Streamが現状Javaメインなので。
Oracleのサイトから最新版のJDKをダウンロードする。
OSXの場合、JREをインストールしてもCUI経由でJavaが使用できないためJDKが必要らしい(参考サイト)。正直しばらくハマった。

Xcodeのインストール

App StoreXcodeと検索してインストール。 結構バイナリが大きいのか自分の環境ではダウンロードとインストールに時間がかかった。
なぜインストールが必要かというとHomebrewをインストールするため。

Homebrewのインストール

HomebrewのWebサイトに記載のコマンドをそのまま実行。

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

途中で管理者アカウントを入力する必要がある。
なぜインストールが必要かというとGradleをインストールするため。

Gradleのインストール

これだけ。

brew install gradle

現時点の最新版である2.6がインストールされた。

$ gradle -v

------------------------------------------------------------
Gradle 2.6
------------------------------------------------------------

Build time:   2015-08-10 13:15:06 UTC
Build number: none
Revision:     233bbf8e47c82f72cb898b3e0a96b85d0aad166e

Groovy:       2.3.10
Ant:          Apache Ant(TM) version 1.9.3 compiled on December 23 2013
JVM:          1.8.0_60 (Oracle Corporation 25.60-b23)
OS:           Mac OS X 10.10.5 x86_64

$ which gradle
/usr/local/bin/gradle

IntelliJ IDEA CEのインストール

普段はEclipseを使っているのだが、気分転換としてまずは試用程度にIntelliJ IDEAを使ってみることにした。 JetBrainsのサイトからCommunity Editionをダウンロード。

デフォルトではインストール時にGradleプラグインが有効になっている。

Gradleプロジェクトの作成

IntelliJ IDEAを起動し、Create New Projectを選択して左側のテンプレートからGradleを選択するとプロジェクトが作成できる。

参考資料

Mac OS X 開発環境構築手順:Groovy/Gradleインストール - Shinya’s Daily Report

noanoa 日々の日記 : OS X Yosemite に JRE を入れてもまだ "No Java runtime present, requesting install." と出る