読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由課題

学んだり、考えたり、試したりしたこと。

node.jsを支えるlibuvのチュートリアル"uvbook" :目次

はじめに

node.jsの基礎となるライブラリにlibuvというものがあります。以前からnode.jsの仕組みについて気になっていたので調べようと思ったところ、uvbookというlibuvのチュートリアルがあったので訳してみることにしました。

この文書のライセンスについて

この文書のライセンスは Creative Commons - Attributionであり、翻訳前の原文は https://github.com/nikhilm/uvbook となります。掲載するにあたり、見出しのスタイルなど、文書の体裁・フォーマットを一部変更しています。また、関連するコードはパブリックドメインです。

目次

イントロダクション
基礎
ファイルシステム
ネットワーク処理
スレッド
プロセス
イベントループ
ユーティリティ

この書籍について

Nikhil Maratheはプログラミングをする気のなかったある日(2012年6月16日)の午後にこの書籍を書き始めました。彼はnode-taglibの仕事をしている間、libuvのよいドキュメントのなさに苦しめられていました。リファレンスが存在しているのにも関わらず、包括的なチュートリアルがありませんでした。この書籍はその要求に対するアウトプットであり、正確を期す努力をしています。それは、Nikhilが若く未熟であり、ある点でひどく誤っている可能性があるということです。もしあなたが間違いを見つけた場合、彼はあなたに教えてほしいと思っています。また、レポジトリをfork し、pull reqestを送ることによりこの書籍に貢献することができます。

Nikhilは2つのライブラリの意味に関して記載されているMarc Lehmannによるlibevについての素晴らしいman pageのおかげでこの書籍を執筆することができました。

この書籍はSphinxvimによって作成されました。

ライセンス

この書籍の内容はCreative Commons - Attributionに基いてライセンスされています。すべてのコードは public domain です。